スカッと整体

30分でカラダがスカッと!

POINT

2020年1月31日

膝の痛みを解消する内転筋のスカッとポイント

内転筋

皆さんこんにちは
本日は太ももの内側のスカッとポイントについて説明していきます。

ももの内側に痛みが出る方、股関節の内側に痛みが出る方や、動きが硬い方は、この部分にアプローチをかけてあげると良いでしょう。

みなさまは内ももの筋肉の構造がどうなっているかご存じですか?

 

 

内転筋

 

よく膝が痛い人は、『内転筋』を鍛えると良いなどの話は聞いたことがあるかと思いますが、今日はそれがなぜなのかも含めて内転筋のお話をしていきます。

まず、内転筋は何をする筋肉かというと『ももを閉じる(両膝をつける)』作用があります。

この内転筋含む、ももの内側にある筋肉を股関節に近い順に紹介していくと
①恥骨筋
②短内転筋
③長内転筋
④大内転筋
⑤薄筋
です。

それでは、ひとつひとつ構造、場所、働きを見てみましょう。

1、恥骨筋

恥骨筋

恥骨筋のスカッとポイント

https://kintorecamp.com/pectineus/より引用

恥骨筋の特徴
① 恥骨筋というように恥骨という骨盤の骨につきます。
② 私は、サッカーをしているのですが私の股関節痛の原因にもなる筋肉です。
③ あぐらをかこうとした時につっぱる筋肉でもあります。あぐらをかいた時に左右の膝の高さが異なる方は、ここでひっかかっている可能性があるかもしれません。
④ 恥骨筋のスカッとポイントは下肢を広げて股関節に目掛けた筋腹の部分に発生します。

起始:恥骨(恥骨上枝、恥骨櫛、恥骨靭帯)
停止:大腿骨内側(の恥骨筋線)
作用:股関節の内転、屈曲

2、長、短内転筋

長内転筋

長内転筋のスカッとポイント

http://therapistcircle.jp/tyounaitenkin/より引用

長短内転筋の特徴
① 作用として、股関節の内転、屈曲、外旋を行う筋肉です。
②内転筋全般に言えることですが、スポーツでは、平泳ぎのキックや、乗馬などで股を閉じる時に使います。
② 長、短内転筋も起始部よりは、下肢を広げた時に突っ張るような筋腹の部分や、停止の部分がスカッとポイントになりやすいです。

起始:短=恥骨(恥骨結合と恥骨櫛の間)、長=恥骨(恥骨上枝)
停止:大腿骨内側(大腿骨粗線の内側唇上部1/3、中/1/3)
作用:股関節の内転

3、大内転筋

 

大内転筋

大内転筋のスカッとポイント徒手療法の臨床論より引用

 

大内転筋は、『大きい』という字がついているだけあって、内転筋の中でも広い範囲に渡って走行します。
大内転筋の特徴
① 骨への付着部も今まで紹介した内転筋が『恥骨』~『大腿骨内側』についていたのに加えて『坐骨』からも筋肉が起始します。
坐骨には、『ハムストリングス』と言われる、もも裏の股関節を伸展する筋肉も 付着するため、この部分が固まってしまっても骨盤をゆがめる原因になってしまいます。
② 停止部が二方向に分かれて停止します。
起始:恥骨(恥骨下枝)、坐骨(坐骨枝、坐骨結節)
停止:大腿骨(大腿骨粗線内側唇)および大腿骨内側上顆(内転筋結節)

③四足歩行時の名残として、大胸筋や、広背筋のように大内転筋も二足歩行時は、捻じれています。四つん這いになることで、その捻じれも取れますが、捻じれている部分は、筋肉が重なりあって擦れやすいことが原因でスカッとポイントが発生しやすい場所でもあります。
③ 内転筋群は、柔道整復師の国家試験にもでてきましたが、ハンター管(内転筋管)の形成にも関与しています。
ハンター管はその内部を大腿動静脈、伏在神経、下行大動脈が走行します。よって、この部位が絞扼することで
1、 静脈が心臓に戻らず、下肢が浮腫む原因となってしまいます。
2、 伏在神経を絞扼されることで膝内側、膝下から内くるぶしなどに神経痛やしびれなどの症状が発生する原因となります。
場所は、膝の少し上の内側に位置し大内転筋、長内転筋、縫工筋、内側広筋に囲まれる形になっています。このような筋肉が重なりやすい部分はやはりスカッとポイントになり得る場所でもあるのです。
つまり、足の痺れの原因がこの部位の絞扼のパターンの場合は、膝の内側のスカッとポイントを使ってアプローチをしていくことで症状が緩和してきます。
レントゲンやMRIで異常がなく、腰の神経絞扼がないのに下肢が内側が痺れる場合は、この部位の絞扼を視野にいれて治療を行う必要があります。

4、薄筋

長内転筋

長内転筋のスカッとポイント

https://games.yahoo.co.jp/qa/detail?qid=11207380276より引用

薄筋の特徴は
① 内転筋群の中では唯一の二関節筋(股関節と膝関節両方をまたぐ筋)であるため、股関節と膝関節両方の働きに作用します。
半腱様筋と縫工筋とで鵞足を形成します。
③ 長い帯状の筋肉で大腿の最も内側を走る筋肉です。
④ 膝の前十字靭帯の再建術に使われる筋肉でもあります。

起始:恥骨(恥骨下肢の内縁)
停止:脛骨粗面の内側
作用:股関節→内転・膝関節→屈曲やや内旋

前回の縫工筋の際にも出てきましたが、鵞足について簡単に説明しておきます。
鵞足と
縫工筋、薄筋、半腱様筋が腱となり膝の内側で脛骨の上部に付着している部分です。鵞鳥の足のような形をしているところから、こう呼ばれています。
また、この部分が炎症する鵞足炎は、この鵞足の腱や鵞足の滑液包が炎症を起こしている状態です。陸上やサッカーの選手に多く、ランニング動作で足を後ろに蹴り出す時やサッカーのキックで蹴り出した足を減速させる時などに、過度の負荷がかかったり、鵞足と内側側副靱帯とがこすれあったりして起こります。ウォーミングアップ不足や、使いすぎが原因としてあげられますが、X脚や回内足などの骨格異常やアスファルトでの走行なども発生の原因となります。
最近ランニングをはじめてなんだか膝の内側が痛いという方は要注意です。そのような方は、この鵞足を形成する縫工筋、薄筋、半腱様筋のスカッとポイントへのアプローチが有効的です。

最後に

冒頭で述べた膝痛の方が内転筋を鍛えた方が良い理由について簡単に述べておきます。
正確に言うと内転筋を鍛えるだけではなく、膝に関連する大腿四頭筋、大腿筋膜張筋、ハムストリングスとの筋力のバランスを整えることが大切です。
ここで内転筋を鍛えるというワードが出てきているのは、それぞれの筋肉が骨盤の傾きによって使われすぎることで、膝に悪影響を与えるためです。
例えば、骨盤前傾で四頭筋が使われすぎることにより、下肢が内旋、X脚となり、膝の内側に痛みが出てします。つまりこのパターンでは四頭筋は鍛えるのではなくストレッチをしなければなりません。
また、骨盤後傾の場合は、ハムストリングスで身体を支えるために、ハムストリングスが使われすぎて骨盤が後傾、O脚になってしまい膝の外側に痛みが出てしまう可能性があります。この場合もハムストリングスを鍛えるのではなく、逆に柔軟性を出していかなければなりません。

骨盤

骨盤前傾後傾

このように、筋肉は必ずしも鍛えた方が良いだけではなく、時にはストレッチで骨と筋のバランスをとる必要があるのです。これに対して内転筋は、柔軟性も筋力も共に低下しやすい筋肉です。

内転筋

内転筋のスカッとポイン

なぜかというと皆さんの日常生活動作を思い返してみるとわかると思います。内転筋を伸ばす動きや、意図的に使用する動きは圧倒的に少ないのです。(日常的に乗馬や平泳ぎをしている方は別ですが…)
もちろん、内転筋を鍛えてあげることは大切ですが、今自分の骨盤、下肢のゆがみがどのような状態で、どの筋肉を鍛え、どの筋肉をストレッチしてあげればよいのか分かった状態でアプローチをかけてあげられるとより効果が出しやすくなります。

当店では姿勢や筋力バランスの診断、マッサージ、ストレッチのアプローチ方法のご相談、セルフケアの指導も行っておりますので、お気軽にご相談くださいね。